ヘッダー写真 ヘッダー写真
カテゴリー:オーストラリア

オーストラリアで日本人がいないところが良いなら、超穴場アデレード留学! 

こんにちは、非営利で留学のお手伝いをさせていただいておりますNPO法人国際教育支援機構スマイリーフラワーズの中村です。

 

カウンセリングをしていて、「日本人が少ないところがよい」とよく言われます。

そんな方にお勧めしたいのは、実は世界で住みやすい都市ランキング5位の穴場のアデレード留学です!!

 

 

町の様子

Cityから空港までは30分。Cityからグレネルグビーチまでも30分。Cityは碁盤の目で、周りをぐるっと公園が取り囲んでいる。Cityはコンパクトなエリアに凝縮している。

 

キャプチャ

 

 

そのアデレードの魅力はたくさんあるのですが、私中村が思う魅力ベスト3はこちら

1.日本人少ない

2.物価が安い

3.都会と自然の融合

これらすべてを叶えてくれる都市なのです。それでは詳しく見て行きましょうー!!

 

 

  • 日本人(アジア人)が少ない
参考までに福岡の人口を載せておきます。 福岡県 505万人 /  福岡市 150万人

 

アデレード

人口: 144万人

在留邦人数: 2000名

日本人割合: 0.13% = 約770名に1人の日本人率です。

 

比較対象として日本人が多いと言われているケアンズを見てみましょう。

人口: 13万人

在留邦人数: 3500名

日本人割合: 2.7% = 約37名に1人の日本人率です。 + 旅行地としても人気ですから観光客と留学生がいます。

 

留学意欲が中途半端な子はアデレードでの仕事探しや、英語オンリーの観光が最初は大変かもしれません。が、本気で英語にドップリ浸かりたい人には素晴らしい環境です。

 

 

 
  • 物価が安い
交通費がダントツ安いのも特徴です。

アデレードはオーストラリアの都市の中で唯一、語学学校(フルタイム)の留学生でも、1週間の通学から各交通機関の50%の割引が効きます。オフピークの時間帯なら90セントで2時間交通機関が乗り放題ですよ。

 

また生活費も他都市と比べると安いです。

家賃 週$100-150  ×4

食費 週$50-70 ×4

交通費 $50-80

その他 $200-300

_____________

AUS$850~$1260 ($=80円の場合約7万円~で住めそうですね)

他都市と比べ2-3割程度生活費を押さえられるのではないか?と思います。

 

 
  • 都会と自然の融合
 

アデレードは日本人が少ないです。ですから他都市のように「日本語で働ける仕事」が多くありません。働く上で英語力を求められます。

 

ワーホリの方は学校4ヶ月しか通えませんよね。

 

英語力を仕事レベルまで伸ばすには十分とは言えません。「英語力が伸びていなくて、仕事に就けない!」と心配する方もいるかもしれません。

 

しかしアデレードなら、収穫の時期にもよりますがCityに住ながらファームに毎朝通うこともできます。実際の体験者に話を聞いてみると$600/週稼いでいたとか!

 

さらに、自然を満喫できる素敵な見どころもたくさんありますよ。

バロッサバレー:一面全部ワイナリーのワイン畑

1

 

カンガルー島:島全体が国立公園。野生動物の豊かさはオーストラリア指折り!

2

 

グレネルグビーチ:Cityからトラムで25分

3

 

 

 

ちなみに、

アデレードで出会った留学生にお話をお伺いしました。他社さんで留学をお申込みされてアデレードに来たようですが、なんと、アデレードの現地サポートは付いていないのにサポート料で50万円払っているというので驚きでした。

当機関なら手配料無料でアデレード現地サポートもご利用いただけます。

 

 

いかがでしたか?

せっかくの留学なら、穴場留学地でしっかり英語を学びませんか-^^??

 

スマイリーフラワーズでは高額な手数料が掛かる海外留学も非営利で支援しており、一般の留学会社では数十万円かかるサポートも、無料~最大でも32,400円のみで渡航前から帰国後までフルサポートし、それ以外は実費以外一切費用は戴きません。特に当機関でフルサポートをお申込頂いた方には、その生徒さんが海外留学から最大限の利益が得られるよう全力でバックアップすることをお約束します。

★☆★ スマフラ留学HPはこちら ★☆★

ご紹介時は「〇〇さんに紹介してもらいました!」とお電話頂ければ、ご紹介対応として優先対応させて頂きますので、ぜひお伝えください。これからも一人でも多くの方に海外に繋がる楽しさと素晴らしさを感じられる機会を提供でるよう、スタッフ一同取り組んで参りますので、皆様の応援の程宜しくお願いします☆




nakamura

▼NPO法人国際教育支援機構スマイリーフラワーズ 留学サイト
http://www.smileyflowers.net/

▼スマフラの留学あれこれ Facebook アカウント
http://blog.smileyflowers.net/

▼スマフラの留学あれこれ Twitter公式アカウント
@sumafura

 

line