ヘッダー写真 ヘッダー写真
カテゴリー:フィリピン留学情報

フィリピン留学解説

こんにちは!山下です。

 

最近よく耳にするようになったフィリピン留学。実際のところどうなの?ということを少し解説します!

その前に、カナダ、オーストラリア、アメリカ等の英語圏に留学する場合の復習をしましょう。

 

【英語圏留学】
・通常語学学校に通う
・先生はネイティブスピーカー
・1クラス10~15名程度のグループレッスン
・世界中から生徒が集まる
・だいたい9時から15時~16時まで日中学校、放課後アクティビティや友達と自由にすごし、夜はホームステイファミリーと過ごす
・ワーホリの方は仕事もする

→このように、学校だけでなく、朝から晩まで生活全体を通して英語を学んでいきます。
 学校には世界中から生徒が来ているので、アジア圏に限らずヨーロッパや南米など様々な国籍の子達と交流ができます。

 

 

【フィリピン留学は?】

・塀で囲まれた敷地の中に寮、食堂、学校、プールやジムなどの施設が完備、その中で生活する
2
・門限や外出制限がある
朝から晩までぎっしり授業↓

1

・先生は基本フィリピン人(ネイティブの先生がいる学校もあります)
・生徒は基本韓国人、日本人、中国人
マンツーマン授業スタイルがほとんど
→基本生活が拘束されていて、学校生活がメインで英語を勉強していきます。国際交流は残念ながらできません、ほとんどが日韓交流になります。

 

フィリピン留学のメリットとしては、

①マンツーマンレッスン
シャイな国民性である日本人にとっては、マンツーマンだと発言せざるを得ないので半ば強制的ですが効率的に勉強できます
②授業時間が長い
英語圏が週に20~30時間に対し、フィリピンは週に60時間ぐらい!2,3倍の授業時間です。
③安い
授業料そのものが安いというわけではありませんが、飛行機代、食費等トータルに考えると英語圏より約2/3安く済みます。
④近い
日本から約4時間と近い!時差も-1時間。
⑤親しみやすいカリキュラム
もともとフィリピン留学は韓国が韓国人向けに始めたもので、ほとんとが韓国資本です。なのでカリキュラムも韓国人向けに作られていますが、日本語と韓国語は文法も同じだし、わからないポイントや学ぶポイントが似ているので学びやすいんです!これは英語圏の学校との違いです。

 

デメリットとしては、国際交流ができなかったり、衛生面がはやり日本と劣ったり、生活が拘束されたりするのでそういったものが嫌だって言う人には向いていません。前々から海外生活に憧れがある人にも向いていません。

でも、今回の留学の目的はなにがなんでも英語力を上げることなんだ!短期間で凝縮して英語を学びたい!韓国語も習いたい!英語初心者で人前で話すのが超ネックなんです、グループではついていけない!とか言う方には、ぴったりだと思いますよ☆がっつりぎっしり勉強させられるので、我々はフィリピン留学ではなく、フィリピン英語合宿と呼んでます!

 

以上メリットデメリットを踏まえた上で、自分に合ったスタイルを選びましょう\^^/

 

 

\少しでも留学が気になったら、スマイリーフラワーズへ/

▼NPO法人国際教育支援機構スマイリーフラワーズ 留学サイト
http://www.smileyflowers.net/

▼スマフラの留学あれこれ Facebook アカウント
http://blog.smileyflowers.net/

▼スマフラの留学あれこれ Twitter公式アカウント
@sumafura