ヘッダー写真 ヘッダー写真
カテゴリー:オーストラリア ワーキングホリデー

ローカル環境で働くための最強プログラム

こんにちは!山下です。

toronto winter

カナダ・トロントの冬♪

 

みなさんクリスマスは楽しみましたか?
日本ではクリスマスは恋人と過ごすという風潮がありますが、そんなの誰が作ったんだよ!!って毎年思います。世の中のロンリーガール、誰かも言ってましたが、クリスマスは365日分のただの普通の1日で、恋人と過ごすというルールはありません。なので気落ちする必要は全くありません!(笑)

 

さて、前回は「ワーホリで英語力は伸びるのか?」について書かせていただきました。
日本語を使わないローカル環境で働けば、ワーホリでもしっかり英語力は伸びますってお話しですね。
http://blog.smileyflowers.net/%E5%B1%B1%E4%B8%8B/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%9B%E3%83%AA%E3%81%A7%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%81%AF%E4%BC%B8%E3%81%B3%E3%81%AA%E3%81%84%EF%BC%9F%EF%BC%81.html

 

今回は、じゃあどうしたらローカル環境で働けるのか?っていうことで、そのための要素がギュッと詰まったおすすめのコース「ホスピタリティ研修プログラム」をご紹介させていただきます。

 

discover hospitality

 

ホスピタリティ研修プログラム】

オーストラリア人気語学学校Discover English が開講するプログラムで、全17週間、3つの内容から成ります。
旅行業や観光業で使える英語を座学で学ぶだけでなく、最後の2週間では現地のオーストラリア人と混じり、ホスピタリティ専門機関で実践的な研修を受けることもできます。

 

◆内容

10週間―基本英語

読む・書く・聞く・話すの各技能を伸ばし基礎を固める。まずは日常生活でも困らない英語力を身に着けないと、現地社会に出ても通用しない。

 

5週間―旅行業と観光業に特化した専門用語

英語:接客英語
顧客対応:レストランやホテルでの予約や問い合わせに関する対応、苦情処理
管理:予約管理、旅程の説明、レポート作成
就活準備:履歴書やカバーレターの作成、面接練習

 

2週間―専門機関でホスピタリティ研修

アルコール取扱責任RSAの取得(政府が発行するアルコール取扱い資格)
バー業務関連
カクテルの製法と提供
食品衛生責任
コーヒーの製法と提供、ラテアート
会計業務、クレジットマシーンの使いかた
カスタマーサービスとチームワーク

現地のオーストラリア人も仕事探しをする時に利用する、現地の専門機関での研修です。提携しているのはこのDiscover Englishのみで、生徒は約8割がオーストラリア人だそうです。だからこそ、この研修に入る前にしっかりと英語力を伸ばすことが大切になってきます。ここではカフェ、レストラン、バー等で働くために必要な資格や実践的なスキルを身に着けます。

 

discover 研修内容

 

 

◆入校条件

TOEIC 550点、中級の上以上の英語力。
事前テストを日本で受け、合格した場合受けられます。

 

オーストラリアのカフェで働いてみたい人、現地で生き抜く実践力も身に着けたい人、ネイティブと肩を並べて勝負したい人、ワーホリでもしっかり英語力を上げたい人にはおすすめです☆こんだけ内容が詰まっていたら、料金も相当高いんじゃないの?って思われるかもしれませんが、これがリーズナブルでお得なんです!!また、入校日も決まっています。気になったらお気軽にお問合せください♪

Happy Holidays~^^/

 

▼NPO法人国際教育支援機構スマイリーフラワーズ 留学サイト
http://www.smileyflowers.net/

▼スマフラの留学あれこれ Facebook アカウント
http://blog.smileyflowers.net/

▼スマフラの留学あれこれ Twitter公式アカウント
@sumafura