ヘッダー写真 ヘッダー写真
カテゴリー:中村のAUS研修日記

中村のアデレード滞在日記 19週目

こんにちは、スマイリーフラワーズから半年間、オーストラリアのアデレードの現地支店にて海外研修をさせていただいている中村です。2016年7月3日からこちらに滞在しています。前回は17週目の様子をUpしましたが、今回は訳あって18-19週目の日々を綴っていこうと思います。


10月25日(火)
先週飛び込みでご来店されたお客様に学校見学のご手配をしていたのですが、無事に3校見学して再度ご来店してくれました。来週月曜日からIELIシティキャンパスに入学したいということで緊急手配です。

これまで学校見学に行かれた方は、IELIフリンダース校IELIシティ校で決められる方が多いように感じています。学校探しの参考にしてみてください。


10月26日(水)
待ちに待っていた支店長の新さん職場復帰です‼3週間のお休みの後、無事に日本からオーストラリアへ戻ってきてくれました。 アデレード支店は新さんと私の2人体制なので、新さんホリデー期間中は私一人でしたが、分からないことばかりなので他支店の先輩たちに沢山質問しながら対応していました。

一人の間は私が担当させていただくお客様の数も多く、内容も濃かったので調べながらの対応で時間がかかりすぎており、3週間いつも時間に負われていたように思いますが、新さんが帰ってきてくれた安堵感はんぱないです!

夜はアデレード大学で出会ったCCMというキリスト教の集まりに顔を出しました。私はキリスト教徒ではないので集まりに参加するには矛盾な動機かもしれませんが、その集会はとっても良い人ばかりなので皆に会いたいということもありたまに顔を出しています。

会場ではまず簡単な軽食が用意されているので、最初は軽食をつまみながら自由交流タイムです。
それから全員でできるアクティビティや簡単なゲームをして、全員で聖歌を歌います。最後に小グループに別れて、皆で聖書を解読していきます。
今回は親友について書かれているページの解読だったので「親友とはどういう存在か。親友のおかげで人生が変わったという経験をしたことがあるか」というテーマで全員でディベートです。

キリスト教徒ではなくてもまずは、お友達作り、地元大学生との交流、英語の勉強という動機だとしても一度行ってみる価値はあるかと思います。


10月27日(木)
新さん不在中全然Blog更新できていなかったのですが、週3つは何かしら記事を書きたいところです。
今回書いたのはアデレードカジノに行ってきました。カジノ自体ほとんど行ったことがない私が先日社会見学がてら行ってみて見事勝利した秘訣を書いています。

それからオーストラリアの飲酒運転事情!?についてもアップ。

なんか、私のBlogのテーマ「酒とギャンブル」になっちゃいましたね^^;!


実は今週末で今住んでいる家を引っ越しすることになりました。一緒に住んでいる50代オージーの男性は良い人だけど、ちょっとセクハラまがいの冗談に愛想が尽きていたときに、シティの近くに住んでいた友達がちょうど引っ越したのでその場所を譲り受ける形になりました。

今のシェアハウスメンバーとお別れになってしまうので、皆でシェアするためにずっと気になっていたカップケーキを買ってみました。カラフルなケーキを見ていると「海外だなぁ」って改めて思ってテンション上がっちゃいます。
15033620_1792816744268027_1232855859_n

10月28日(金)

今年のアデレードの春は寒いらしいです。まだまだ最高気温が20度に行かないことも多いのですが、今日は最高に晴れて気持ちいいー。朝の空が青いだけで一日嬉しくなちゃいます。
14996286_1792816820934686_1961008889_n

新さんと入れ違いで、今度は私が明日から10月6日(土)までホリデーをいただくことになりました。メルボルン4日間、エアーズロック5日間、合計9日間の一人旅です。
ざっと旅程表はこんな感じでした。
10月29日(土) 飛行機で夕方メルボルンへ
10月30日(日) フリー
10月31日(月) メルボルン支店へご挨拶、その後フリー
11月1日(火)グレートオーシャンロード日帰りツアー
11月2日(水) 飛行機でアリススプリングスへ
11月2日(木)~4日(土) ウルル、キングスキャニオン、風の谷キャンピングツアー
11月5日(日) 飛行機でアデレードへ

本日でシェアハウスも最終日なので帰宅後は、荷物整理とお部屋の片づけが遅くまでかかりました。「来た時よりも美しく」「立つ鳥後を濁さず」って世界の人々も持っている感覚なのでしょうか。日本人代表として床も壁も磨きあげました。


10月29日(土)
私は昔から一人旅は好きで、一人であちこち行きました。複数での旅も良いでしょうが、一人の良いところはローカルの人と気軽に仲良くなれることだと思います。

メルボルン空港に降り立って、まずしたことはMykiカードの購入です。これがないと公共交通機関に乗ることができません。
14962297_1792822754267426_1400056118_n


それからバスでBroadmeadows stationまで。そこで電車に乗り換えてMelbourne Central Stationへ行くルートです。
14996376_1792821670934201_451315218_n

私も乗り換え地らしきところでバスを降りようとしたら、「君どこに行きたいの?」と話しかけられました。「セントラルステーションだけど」と答えると「Broadmeadows stationだったら次だよ」と救いの手が‼ すごいですよね、その洞察力‼ 

話しかけてくれて本当にありがとうー‼ってお礼を言うと、その人も同じ方面に行くようだったので付いていくことに‼ 乗り換え後、電車内での一枚。
14958791_1792821674267534_1002732274_n

メルボルンの第一印象はMassive City! めちゃくっちゃ都会でした! アデレードの人口約125万人、メルボルン人口408万人ですからもちろん規模が違って当然でしょうが、アデレードには一つしかない高層ビルもメルボルンにはたくさん!アデレードではあまり見ないマンションもメルボルンにはたくさん! 初めて田舎から都会に出てきた人そのものという感じです笑 高いビルを見上げながら歩いて、人が多くて人酔いしそうです笑。
14971946_1792821677600867_176675095_n

メルボルンではシティのバックパッカーホステルを予約していました。全員で食事を作って、キッチンで出会った人たちと一緒にご飯を食べて。世界中の旅人たちと夜まで外で語らえるのはホステルに泊まる楽しみの一つです。 オランダ人、オーストリア人、ギリシャ人と共に。
14996469_1792821800934188_585183592_n



10月30日(日)
メルボルンのフリータイムは一人でふらりとクイーンビクトリアマーケットフィッツロイに出かけてみました。というのも、リンクで貼っているメルボルン支店のBlogを読んでどうしても行ってみたかったところだったのです。

基本的にノープランで旅に出る私ですが、こういう現地のBlogは読むのも楽しいしサクッと情報収集できて良い情報源となり役立っています。特にフィッツロイはとってもメルボルンらしく、洗練されたおしゃれの最先端っていう感じの場所で、道行く人もおしゃれな人が多く、メルボルンを凝縮したような場所で行けて良かったです。

14962904_213938375704912_1656256265_n
ビクトリアマーケットの近くの様子



それから、無料のウォーキングツアーに参加してきました。
14時半に図書館前に集合すると60名集まっていましたが日本人は私だけです。ヨーロッパの人って旅行好きですよね。この旅では宿でもツアーでもよくヨーロッパ出身の旅人たちと出会いました。
14962351_213938372371579_1592650463_n

15033544_213938445704905_2092177369_n
ウォーキングツアーでは3時間かけてState library, Lygon street, Royal exhibition building, Fitzroy, Parliament building, Bourke Street, Lt Bourke Street, China town, QV centre, Swanston Street, Block Arc, Collins Street, City Square, Hosier Ln, Flinders Street, Yarra riverを渡ってSouth gate周辺で解散しました。解散時には$10~20程度のチップを払う人が多かったです。

初日にこれに参加して、付いていくだけでなくちゃんと地図でどこにいるのか確認しておくとかなり地理感がつかめると思います。


10月31日(月)
昨日と今日の2日あればシティは見て回れる計画だったのですが、大間違いでした‼ 街の規模に本当に圧倒されたのですが、2日では全然回り切れない。ということで早起きして観光名所だけでも見て回ることに‼

午前中はド定番なメルボルン観光してきました。まずはオシャレなカフェでコーヒーをテイクアウェイしてコーヒー片手にお散歩です。おしゃれでモダンな建物もあり、このような落書きだらけのファンキーな側面もある一方、歴史ある教会が隣接する変化に富んだ町並みで飽きることなくお散歩できます。

14798748_213943545704395_982061064_n

15032366_213943532371063_445718141_n

14962400_213943522371064_1078828814_n
メルボルンで活躍中のスマフラの生徒さんあやのさんにもお会いしました^^!

午後はメルボルン支店にご挨拶へ。新さん不在中にはたくさん質問させてもらいましたし、お礼に伺いました。
その後、DFOというアウトレットショッピングモールに到着したところで実家から電話が。

もうすぐ19歳になる寝たきりの愛犬の具合が悪いらしいのです。幸いにもホリデー期間中で会社には迷惑がかからない時期でしたし、パスポートも持っています。居てもたってもいられず、その場で一番早く帰国できる片道チケットを予約して帰国することにしました。

そのまま即お宿に戻って、荷物を片付けて、愛犬が旅立つ前に少しでも会えることを祈りつつ空港へ。悲しみの中、搭乗時間を待っていると、友達から電話がかかってきて「19歳は十分に長生きだから、お別れは悲しいけど、これはRelief(解放)だよ。愛犬も寝たきりで辛いし身体も痛い毎日かもしれない。悲しみも分かるけど自然の摂理の順番通りにAyamiよりもAyamiの家族よりも先に無事に旅立ってくれることに感謝して見送ってきてね」と言ってくれてだいぶ気が楽になり涙が止まりました。友よ、いつもありがとう。


11月1日(日)~11月4日(金)
メルボルンで預けたスーツケースが福岡に届かないというトラブルはあったものの、1日の午前中には実家に着きました。昨日電話をもらってから20時間後には実家にいます。オーストラリアからでも意外と早く帰宅できるものなのですね。

結論から言うと、私が帰宅してから愛犬の様子はまだマシになってくれて看取ることはありませんでしたが、最期になるかもしれないお別れの挨拶をしてきました。老犬のお世話をしてくれている家族の隣で一緒にお世話ができないことを本当に申し訳なく思いますが、こうしてオーストラリアに送り出してくれて感謝しています。

予期していなかった日本の滞在ですが、スマフラにご挨拶に行ったり、友達に会ったり、美容室に行き、スーパーで日本の調味料を買い、不在中に届いていた郵送物の処理、手荷物遅延の保険請求等ちょこちょこ外出はしていたものの、基本的には愛犬とゆっくり過ごせて良かったです。



11月5日(土)~ 11月6日(日)
愛犬を看取ってからオーストラリアへ帰ろうかと思っていたのですが、こればかりはいつになるか分からないので後ろ髪を引かれる思いで、帰りのチケットを購入しました。

福岡からシンガポールの便では、隣に座った人にいつも通り「Hi, are you going back to your country?」っ挨拶をしたのをきっかけに5時間半ずーっとおしゃべりしてくれたのです。シンガポール人で九州大学で2週間研究に来ていたその人は、シンガポール到着後も私の乗り換え時間8時間、街に連れて行ってくれてツアーガイドまでしてくれました。
15032500_213967502368666_598542765_n

こういう予期しない出会いはどこにでも溢れていると思います。挨拶だけで終わるのか、友達になれるかの違いは、もちろんコミュニケーションが取れるだけの英語力も必要でしょうが、こちらから話しかけ、話したいオーラを出せるかということかと思います。

就活のために英語を学びたいという声もよく聞きますが、英語は就活のツールではなく、世界中どこに行っても友達になれる機会を手に入れる魔法のツールだと再実感しました。TOEIC対策のための英語も日本の就活では必要かもしれませんが、それよりも自分から笑顔で知らない人に「一言目」を話しかけるためのレパーリーをいかに増やせるかの勉強ができたらいいなと、アデレード行きの飛行機で一人考えていました。


11月7日(月)
無事にアデレードに戻ってきて、まずすることはお引越しです。今までのシェアハウスに置きっぱなしにしている自分の荷物を取り出し新しい家に運び込みます。

新しいシェアハウスはUnleyというシティのすぐ南に位置するエリアです。


元々中国人3人でシェアしていた家で、3人とも私の友達でした。今回一人メルボルンへ引っ越すということだったので私がそのまま部屋を引き継がせてもらうことに。私のシェアメイトはJessieとJack、夫婦です。

家賃は週150ドル(+電気、インターネット)なので約170ドル程度になるかと思います。
今までのシェアハウスは170ドルで食費まで込み(シェアメイトのBobが料理をしてくれる)だったのでこの家は割高にはなりますが。
今の家は無料のトラムが近くににあるのでその分交通費週15ドルが浮きますし、工夫しながら自炊して食費も節約していこうと思います。

おうちの様子、新しいシェアメイトの写真はまた後日公開しますね☆

blog-footer_29 blog-footer_19



『福岡から英語圏に海外留学をお考えの方を一人でも多くご紹介ください』 スマイリーフラワーズでは高額な手数料が掛かる海外留学も非営利で支援しており、一般の留学会社では数十万円かかるサポートも、無料~最大でも32,400円のみで渡航前から帰国後までフルサポートし、それ以外は実費以外一切費用は戴きません。特に当機関でフルサポートをお申込頂いた方には、その生徒さんが海外留学から最大限の利益が得られるよう全力でバックアップすることをお約束します。 ★☆★ スマフラ留学HPはこちら ★☆★ ご紹介時は「〇〇さんに紹介してもらいました!」とお電話頂ければ、ご紹介対応として優先対応させて頂きますので、ぜひお伝えください。これからも一人でも多くの方に海外に繋がる楽しさと素晴らしさを感じられる機会を提供でるよう、スタッフ一同取り組んで参りますので、皆様の応援の程宜しくお願いします☆




留学に興味を持ってから出発までの3ステップ

blog-footer_03

blog-footer_09
blog-footer_06

blog-footer_09
blog-footer_08

▼NPO法人国際教育支援機構スマイリーフラワーズ 留学サイト
http://www.smileyflowers.net/
▼スマフラの留学あれこれ Facebook アカウント
http://blog.smileyflowers.net/
▼スマフラの留学あれこれ Twitter公式アカウント
@sumafura
line