ヘッダー写真 ヘッダー写真
カテゴリー:中村のAUS研修日記

中村のアデレード滞在日記 20週目

こんにちは、スマイリーフラワーズから半年間、オーストラリアのアデレードの現地支店にて海外研修をさせていただいている中村です。2016年7月3日からこちらに滞在しています。先週は19週目の様子をUpしましたが、引き続き、20週目の日々を綴っていこうと思います。

いやー、本当に早いもので5ヶ月経ってしまいました!!今年のアデレードは例年にないほど寒い日が続いているようですが春本番!?というこれからにトホホな怪我をしてしまった今週の様子いってみましょうー‼

11月8日(火)

先週Unleyのエリアにある新しいシェアハウスに引っ越して初めての通学は、シェアメイトのJessieが一緒についてきてくれました。
1
シェアハウスから徒歩4分でトラムの駅なのですが、実はアデレードはCity中心地のトラムは無料で利用可能なのです。そこで無料区間の徒歩10分の駅から無料でCityまで行くことにしました。少し歩きますが朝のお散歩は気持ちが良いです。
2

ちなみにアデレードのトラム区間はこちら。South TerraceからEntertainment Centre間までが無料利用可能となります。

今までホストファミリーや、シェアメイトに料理を作ってもらっていたのでこれからようやく自炊スタートです。終業後は各種調味料や食材を買いそろえて簡単に調理しました。シェアメイトと一緒に料理して教えてもらったり、料理を分け合ったりできるのでこれから楽しく料理も覚えていきたいです^^;!


11月9日(水)
本日はサザンクロスエデュケーションのスタッフさんがご来店されました。 何といっても驚くほどの低価格‼ とにかく安く、長くという人に向いています。

終業後は、以前のシェアメイトのBobに会いに。先週末の引っ越しの日にちゃんとご挨拶できなかったのでちょっとお話に来ただけだったのですが結局2時間くらい話してました笑 寂しくなるけどクリスマスにはまたおいでーって言ってくれて。今後とも連絡取り合っていく予定です。
15049818_216900898741993_1506414868_n

そういえば以前のホストファミリーも同じことを言ってくれていたけど結局会えていないです。See you とかKeep in touchとは、皆言ってくれるけど実際にそれを実行するのは積極性と少しばかりの厚かましさも必要ですよね。実践していきたいです。

11月10日(木)
本日は、アデレードで学生寮と言えばここ!カプラン・アデレード校のBrighton Beach Student Lodgeの見学に行ってきました。見学後の詳しい記事はこちら

私自身ホームステイしたので学生寮に宿泊したことはないのですが、歳の近い生徒さん同士、共同生活できる環境は、ホストに気を遣うことないし、友達作り放題の環境です。アデレードで学生寮ご希望であれば間違いなくこちらの寮をおススメしたいです。

夜は、友達とバドミントンへ出かけました。大学時代はバドミントンサークルに入っていたのですが、社会人になって全然できていなかったのと、特に昨年膝を怪我してからスポーツというものを1年以上経験していなかったのです。

膝の怪我はもう治っているのですが、肉体的にというよりも精神的にスポーツを避けてきたので、恐怖感払拭のためにも久しぶりにスポーツに挑戦してみたかったのです。

そこで、、、、やってしましました。ウォーミングアップが足りなかったのでしょうね。後ろからボールをバーンとぶつけられた?と思って倒れこんだのですが、ボール等無く、、、次の瞬間歩くことができなくなっていました。。。

落ち込んでいる写真
15050438_216908575407892_932094109_n

まずしたことは、保険会社に電話です。そこでアデレードで緊急対応してくれる病院を紹介してもらいました。幸いにもアデレードで一番大きいと言われているRoyal Adelaide Hospitalでした。

それから、キャッシュレスで医療を受けるために保険証券とパスポートを取りに自宅まで一時帰宅。パスポートのコピーは常に持ち歩ているのですが、原本が必要とのことで、いったん帰宅。

それから、夜間緊急外来に着いたのが23時です。そこからX線撮影してナースさんより「アキレス腱完全断裂」だと告げられました。。。。全治6-9カ月。。。ショックでしょうがないのですが、逆に病名が分かってホッとして忘れていた食欲が出てきました笑。

その後、数名のナースさんと話してカルテみたいなの記入したりしながらドクターを待つこと8時間。翌朝7時になってもまだドクターとは会えていません。「とりあえず今日は寝たい、帰りたい」とワガママ言ってギプスつけてもらい、松葉杖で帰宅しました。
15058030_216908592074557_893623326_n


11月11日(金)

朝7時に解放され8時に帰宅して12時に病院から電話がかかってきました。どうやらドクターが「ギプスでの自然療法ではなく、今回は手術を勧めている」とのこと。。。

それから怖くて知り合いの医療関係者に電話してみたり、ネットで記事を調べてみたところ、ギプスでも悪くはないようですが手術の方が一般的のようです。

とりあえず、今日は決断できなかったので落ち込みつつ仕事へ。松葉杖姿のみすぼらしい私に笑いが止まらない様子の新さんに、「水を注いできてください」とか厚かましい私笑。 いやー、11月ってアデレードイベント目白押しだったので本当に切なさがこみ上げてきます。。。



11月12日(土)


週末に家に居ることなんて私にとってあり得ないのですが、今週はさすがに予定すべてキャンセルして大人しくしています。友達が遊びに来てくれても、友達が去った後の切なさがたまりません。

時間もあるし、手術が必要なのか、そして自然療法ではいけないのか聞くために先日受診したRoyal Adelaide Hospitalの緊急外来に再びやってきました。
15032634_216929462072470_1644825635_n

本日はドクターと会えましたが、先日電話で話した人とは違うドクターのようです。忙しいようで1分くらいしか話せなかったのですが、彼は「手術は最終手段なので、とりあえず超音波検査してから判断しよう。どこかのクリニックで超音波検査してその結果をまた持ってきて」と言われました。とりあえず現状このままギプス生活が続きそうです。

「超音波検査をしてきて」って言われてもどこに行けばよいか分かりません。
そこで再度日本から加入していた保険会社に電話することに。24時間日本語対応で超音波検査の病院を調べてくれたり、更に時間が合えば日本語通訳者までつけてくれます。

学生ビザ海外留学生強制保険OSHCにも加入しているのですが、日本の海外留学生保険に2重加入しておいて良かったと心から思います。精神的に不安な時に、日本人の、日本語の丁寧なサポートが利用できて安心します。




11月13日(日)

週末の予定はキャンセルしたものの、どうしても一人の週末が耐えられなくて、友達に車で迎えに来てもらうことに。
15050420_216934525405297_1749111158_n
友達の家でピザ頼んで、映画見てお昼寝して笑。とりあえず動かないで済むように皆気を使ってくれます。

夜は家に帰って、ギプスしての初のシャワー。ギプスが濡れないようにしろって言われたのですがどうしたものか。備え付けのシャワーヘッドなので、足だけ水を浴びないということができません。
そこでギプスにバスタオル巻いて、輪ゴムで固定した上からごみ袋かぶせて口を縛り、サランラップ巻いた上にガムテープという自作のカバーを作成すること30分。何とか濡れずにシャワー浴びられました。
15049934_216934548738628_2092486414_n

怪我して大変な時って本当に人の助けが心に沁みます。周りの皆に甘えているだけの私ですが、自分が大変な時にこそ、人を助けられる人になりたい。



11月14日(月)

昨晩遅く深夜2時に家族から電話がありました。電話がかかってきた瞬間に嫌な知らせだろうとは分かっていましたが、19年間頑張って生きてくれた愛犬が亡くなったようです。

先週、愛犬の旅たちを見届けるために日本に一時帰国して、最期にもう一度会えて本当に良かった。愛犬の死に立ち会えなかったのは留学生にとってある種避けては通れない宿命かもしれません。といっても急なお別れではなく、何も延命治療はしていなかったのですが、歩けなくなって1年間頑張ってくれました。愛犬を心から愛していた中村家にとっては悲しいお別れを準備する時間になりました。

「愛犬自身も、昼夜関係なく介護生活をする家族にとってもこの1年は大変な時期だったからこれは解放だよ」と、友達がずっと泣き止まない私を励ましてくれます。一人なら絶対耐えられなかったと思います。

今日はスーパームーンで月が綺麗ですね。愛犬が空からオーストラリアの生活を応援してくれていると信じて残り期間、さらなる勉強と怪我の治療、安静しながらもできる限り積極的に過ごしていきたいです。


blog-footer_29 blog-footer_19



『福岡から英語圏に海外留学をお考えの方を一人でも多くご紹介ください』 スマイリーフラワーズでは高額な手数料が掛かる海外留学も非営利で支援しており、一般の留学会社では数十万円かかるサポートも、無料~最大でも32,400円のみで渡航前から帰国後までフルサポートし、それ以外は実費以外一切費用は戴きません。特に当機関でフルサポートをお申込頂いた方には、その生徒さんが海外留学から最大限の利益が得られるよう全力でバックアップすることをお約束します。 ★☆★ スマフラ留学HPはこちら ★☆★ ご紹介時は「〇〇さんに紹介してもらいました!」とお電話頂ければ、ご紹介対応として優先対応させて頂きますので、ぜひお伝えください。これからも一人でも多くの方に海外に繋がる楽しさと素晴らしさを感じられる機会を提供でるよう、スタッフ一同取り組んで参りますので、皆様の応援の程宜しくお願いします☆




留学に興味を持ってから出発までの3ステップ

blog-footer_03

blog-footer_09
blog-footer_06

blog-footer_09
blog-footer_08

▼NPO法人国際教育支援機構スマイリーフラワーズ 留学サイト
http://www.smileyflowers.net/
▼スマフラの留学あれこれ Facebook アカウント
http://blog.smileyflowers.net/
▼スマフラの留学あれこれ Twitter公式アカウント
@sumafura
line